menu

建設労働者春闘決起集会

image

建設労働者の賃金引き上げと労働条件向上で若者が入職出来る建設産業を目指し、日比谷野外音楽堂で決起集会が開催されました。
東日本大震災から復興にむけ国全体で取り組んでいますが遅々として進まず、原因の一つに建設産業の技能工不足があげられます。
国交省は三年連続で公共工事設計労務単価を引き上げ、現場労働者の賃金引き上げと社会保険加入促進で、若年労働者が魅力をもって入職出来る環境作りと、技術・技能の継承、後継者育成を進めようとしていますが、建設労働者の賃金引き上げは実現しておらず、社会保険加入に至っては未加入業者の排除だけが進み、抜本的な解決に至っていません。
建設産業は、復興事業だけでなく国民の住まいと街のインフラ整備を担う基幹産業です。国民生活を守るために、建設産業づくりにむけ、賃金引き上げは早期に実現させなければなりません。
『賃金引き上げと労働条件向上で、若者が入職出来る建設産業をつくろう!』の実現にむけ、共に運動を進めましょう!

wpid-dsc_0260.jpg税金学習会開催しました。

バブルアイキャッチ用建設横浜3支部対抗バブルサッカー&バーベキュー大会開催決定

PAGE TOP