menu

11.20横浜市連労働安全衛生大会を開催

20131120-200514.jpg

11月20日、横浜市建設労働組合連合会主催で、横浜市労働安全衛生大会が開催され、133名が参加しました。墜落転落事故など建設現場での労災事故は平成22年から増加傾向にあります。講演にたった池田神奈川労基局安全専門官は死亡事故の具体例をあげ、足場作業や重機の利用での危険性を指摘、墜落、転落災害の留意点を挙げました。
その後、建設アスベスト訴訟の第二陣訴訟についての報告があり、さらに神奈川県建設共済会から作業•交通安全講習会が行われました。安全大会に参加した柳下労働対策部長は、「現場はいろいろな危険があります。日常的に安全に関心を高めて欲しい」と組合員に安全対策の日常化を訴えました。

20131120-200554.jpg

20131120-153726.jpg11.20賃金.単価引き上げ、予算要求中央総決起大会を開催

20131123-125410.jpg11.23 いも掘りと芋に汁やりました

PAGE TOP